スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトリエ作り1

こんばんは。

この頃、日々アトリエ作りに没頭しています。
今日は大学でお世話になったアトリエから、作品や画材を学生たちにも手伝ってもらって一斉にアトリエに運びました。2トントラックで往復二回!
ざっくり置いたので、アトリエがめちゃくちゃ狭く感じましたが(笑)これから片付けていくのは骨が折れると同時に楽しみでもあります。うーん、楽しみの方が大きいかなあ。

さて、前回のブログでもお知らせした通りちょくちょくアトリエ作りの様子を公開していこうと思います。

まずは、物件を見に行ったときの写真から

atrie3.jpg
atrie2.jpg
atrie1.jpg

とまあこのように、ほんと何にもないがらんとした倉庫ですが、かなり広くて30畳ほどあります。
この建物は2階建てで、一階は友人とシェアすることになりました。
実はこの広さでも、今まで使わせてもらってたアトリエよりは狭いのですが、立地と広さといろいろ考えても、かなりの破格だったので迷わず即決しました。

ただしネックはいくつかあって、写真を見てもわかるかもしれませんが、一つが天井高の低さ。
実測して230cmほどしかありません。これは一般住宅よりも30〜40cmは低く、実際入ってみるとかなり圧迫感がありました。
ということで契約前に大家さんに天井を抜いてよいことの了承を得て、アトリエ改装第一弾として天井のぶち抜き作業からスタートすることになりました。

まずは、ということで一階の石坂君と一緒に一番端を試しに抜いてみることに。

atrie4.jpg

こんな感じ

うん、なかなか良い感じですね!
開放感があるし、大きな絵も描けそう!
抜いた天井がでかいですね、ものすごい邪魔ですが(笑)出るときは現状復帰ってことなので捨てる訳にもいかず、この大きな(180×90cm3枚)天井パネルを流用して作品棚作っちゃおう作戦です。あるものは利用しなきゃ、積んでるだけでも場所取っちゃうし。

そうと決まればどんどん抜いていきましょう!
石坂君と二人でどんどん抜いていきます。

atire5.jpg
atire6.jpg

やっぱり天井を抜くと気持ちいい。
軽量鉄骨のすっきりしたフレームが見えてきました。

atrie7.jpg

すっかり抜き終わり。
これでだいぶ広く感じますね。
ついでに最初に床に貼られていたクッションフロアをばりばりっとはがします。

atire8.jpg

途中経過はこんな感じ。
シンプルになってきましたね。

次回は床張り&荷物の片付けをまとめますね。
それでは!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。