スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タトゥー

先日、コンビニで背中にタトゥーを入れている女性を見かけました。
背中には日本語で「繋がり」という言葉が。
それはきっと日本人が彫ったのでは無いとわかる、いびつなフォントで書かれていました。
それを見ていて、この人は母国で日本語でこの言葉を体に彫ったことから日本に興味がわいて、今こうして日本の郊外のコンビニに並んでいるのかと、勝手に想像してみたりしたのですが、じゃあ自分がもし一言タトゥーを入れるとしたら何て入れるかなあと考えてみた訳です。

そうしたら全く何も浮かんでこない。
言葉、文字、にあんまり思い入れがないことに気づきました。
そういえば大事にしている言葉とかも無いし、好きな漢字も無い。
一生消えないものを体に刻むのに、文字というチョイスが浮かんできませんでした。
絵なら考えて選ぶことはできます。というかもし入れるなら自分でデザインするだろうと思います。

例えば名字の中の「鮫」はとても気に入っています。
魚の中でも獰猛でかっこいいじゃないですか。
なので、タトゥーで鮫の絵を彫ることはあっても鮫の文字は彫るのは嫌ですね。これは sharkでもダメです。

作品のタイトルにしたって、普段なかなかいい作品タイトルをひねり出せなくて、気の利いたタイトルをつける人をうらやましいなと思っていたのですが、なんとコンビニの店内で、自分が言葉に重きを置いていないことに気づくとは思いませんでした。

とりあえず、タトゥーを彫る予定は全然ありません(笑)

■ Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。