スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近所の牛丼屋がおいしくないんです

と言うタイトルで始めてみました、今日の日記。
ひと段落ついたということで気分が軽やかなので長くなるかもですが、独り言にお付き合いください。

まずは職場と家の間にある有名牛丼チェーン店のことなのですが、僕はどちらかと言うとファストフードはもっぱらハンバーガー派閥に属しているので、牛丼を食べようなんて時は徹夜明けとか、深夜まで制作をしていて空腹に耐えかねてたまらず駆け込む場合のみなのです。

なので店に着くまで、ぎゅうどんぎゅうどんぎゅうどん・・・・と呪文のように牛丼の姿を想像しながら、けんちん汁をつけようかとかサラダをつけようかとか、大盛りにするか得盛にするかとか・・・・
考えながら店に向かうわけですね。
そして、勝手に期待いっぱいでたどりついた店がガッカリ店舗なのですよ。

若干薄暗いし、店員同士はケンカしてるし、お茶はぬるいし、一人すわりのテーブルにはなにやらやたらと荷物が積まれていて牛丼一杯しか置けないし。

まあ、でも牛丼が美味しければ問題ないのですが、ここの牛丼は愛情がこもってないのか、マニュアルを無視してるのか、おいしくないんです。
なんだろう、味は間違いなくそこのチェーン店の味なんだけど、微妙にちょっとずつ違っていて、ご飯と牛肉の配分とか煮込んだ時間とかなんかそんなことだと思うんだけど、その積み重なりで、ガッカリするのです。


さて、そんなグチはさておいてとりあえず一気に展示週間が終わって、久しぶりの休日だったので職場の学祭に遊びに行きました。
担当してる学生の展示は初日に見たのですが、友達がステージに出るというので見に行きました。
かっこよかったな~。

んでその友達とちょっと一緒に展示を見てまわったりしたあと、別れてからは急に眠くなってアトリエで寝ちゃったらもう夜の一時・・・。

もうかえろうと校内を歩いていると、模擬店街からがやがや声が聞こえていて、そういえば自分も学生の時、毎年朝まで極寒の模擬店街で粘ってたことを思い出しました。
12時すぎちゃったら寒いだけでもう面白いことなんかないのに、自分だけ帰るのはもったいなくて結局朝までいたなあ。
もちろん学祭はその頃の方が、いまより全然はちゃめちゃだったってのもありますけど。

それ以上になんかこういうのにワクワクするのは、多分ブルーグラスフェス育ちだからかなあ。
ブルーグラスのフェスって夜の野外で行われてて、それこそ朝まで飲んでジャムって遊び狂う場所で、ちっちゃいころからそういうのに行きまくってたので、夜の野外イベントには無性にワクワクさせられます。

多分友達のライブを聞いて、模擬店の夜の賑わいを見て、いい気分になっちゃったんでしょうね。

まあそんな色んなこと考えながら気分よく夜の街を歩いて、牛丼屋に向かったのでした。

おやすみなさい。







■ Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。